2012年02月18日

カラヤン&ウィーン・フィルのチャイコフスキー:3大バレエ・ハイライツ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

チャイコフスキーのバレエ音楽が、耳当たりのよいポピュラー名曲というだけでない、ベートーヴェンやブルックナーの交響曲にひけをとらない本格的な音楽であると、カラヤンはきっと知っていたのだ。

何度も演奏するだけでなく、明らかに力を入れて、《白鳥の湖》、《眠りの森の美女》、《くるみ割り人形》を指揮していた。

あまりにもカラヤン流の演奏に慣れ、標準化したのは事実だが、今になってみれば、カラヤンは本当に格調の高い、しかも踊りを忘れない3大バレエを実現させていたのだった。

ベルリン・フィルと録音したのも素晴らしいが、それより前に、といっても、今となってはいくらか前という程度の、ウィーン・フィルとの録音もいい。

ウィーン・フィル盤は各曲ともコンサート・スタイルの表現で、リズム処理や表情のつけ方など、まったくカラヤンならではの演出を行っている。

流麗で、いわば音楽を躍らせる天性のリズム感を、指揮者とオーケストラが共有しているのがわかるのだ。

《白鳥の湖》は演出の巧妙な演奏で、第2幕の「情景」の美しさは絶品。

《くるみ割り人形》は、童話の世界を軽やかタッチで美しく描き出している。

《眠りの森の美女》は特に聴きもので、シンフォニックな特色を見事に表現しているし、旋律の歌わせ方の美しさもさすが。

カラヤンは確かにチャイコフスキーの名人で、バレエ音楽の名人だった。

ここまでくると、もうロシア的でなどある必要はない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:20コメント(0)トラックバック(0)チャイコフスキー | カラヤン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ