2008年01月14日

カジュアルなぜいたく


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

   

わたしたちは、ぜいたくになってきた。たんに物質的なぜいたくということだけではなくて、ぜいたくな時間、ぜいたくな空間を体験したいと思っている。

そのひとつの現われとして、音響も雰囲気もいいホールで、いい音楽をゆったりと楽しみたいという欲求も出てきているのだろう。

すると、これは下品な音楽ではいけない。やっぱりここは、クラシック音楽に登場してもらわなければなるまいということになるのである。

たしかに、クラシックは軽く聴かれるようになった。近寄り難い権威というのはなくなっただろう。

しかし、品のいい高級な音楽というイメージ、ハイ・アートとしての権威は、依然として保持されているのではないだろうか。

だからこそテレビCFが《高級感を出すために》クラシックを使ったりするのではないか。

言い換えれば、クラシックは近寄り難い権威から近寄り易い権威になったのである。誰もがカジュアルに楽しめる高級品になったのである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 16:11コメント(1)トラックバック(0)筆者のこと  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by gkrsnama   2010年02月24日 02:12
ぼくがクラシック音楽を聴くのは、他のジャンルに比べより高く跳べ、より遠くまでより深くまで達することができるからです。それが権威だからではないのはもとより、ハイソな趣味だからなどではありません。(そもそも作曲家は血を吐くような思いをして自らの叫びを書きとめたのです。ハイソなカルチャーって?)それゆえ、クラシックにはない音をもったジャンルの音楽には、敬意をはらいます。(へヴィメタルやJAZZ)

蝦夷では器楽やオケはそうでもないのですが、室内楽のコンサートにはハイソのお上品な社交の感覚が漂います。反感を感じたので、次回のリクエストに激辛音楽(バルトークとショスタコビッチのヴァイオリンソナタ)を書いておきました。

バルトークはともあれショスタコビッチには恐怖を感じたかも、ひひひひひ。(つまり体力と技巧の限界を問われる音楽で、朝日新聞評によれば、かなりのコンサートで終わりまで弾けないそうです。)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ