2008年01月15日

ブダペスト四重奏団をぶった斬る


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



最近ブダペスト四重奏団のベートーヴェン弦楽四重奏曲全集が廉価で再発売されて話題になっている。

これは1918年にハウザーを中心に創設され、67年に解散した名団体、ブダペスト四重奏団によるステレオ録音。

現在時点で聴くと、感銘を受ける反面、やはり古めかしいという感じは否定できない。

技術的にいえば、ポルタメントをことさらに使うとか、第1ヴァイオリンが威張り過ぎたり、かすんだりすることがある。

解釈の面では時にロマンティックに沈むかと思うと、かなりドライになったりする。

要するに、立派なことは立派なのだが、もっと全体的に広い意味での様式上のきめこまかい統一がほしいところだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 08:31コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | ブダペストSQ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ