2008年01月15日

モンポウ・プレイズ・モンポウ/ピアノ作品全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



モンポウ(1893-1987)の自作自演による全集をセット化したもの(格安)。

モンポウ81歳の1974年にまとめてバルセロナで録音されたものである。

モンポウは、バルセロナ生まれでパリで学んだスペインの《ピアノの詩人》で、その作品は自由な感性と哀愁を含んでいる。

ピアノの詩人といわれるモンポウの音楽は、劇的というより抒情的で、激しい曲想を装うときにも表現は本質的に情感を問題にしており、ここに聴く演奏はいずれもそうした自作に対する純粋な慈しみに満ちている。

彼独特の"凝縮された神秘"、不思議に透明で、量り知れぬまでの余韻をおびた作品の数々は、ある特殊のルバート感とか、タッチやペダリングによる色彩感を必要とする。

したがって、作曲者自身による表現が、他のピアニストたちにとって何よりの"お手本"になるという度合いは、モンポウの場合は、格段に強いことになる。

ここに聴く"余韻と詩情の楽器"ピアノの格別な味わいは、まさしく掛け替えがない。

もちろんピアニスティックには万全とはいえないが、これも味のうちだ。

モンポウの作品にはラローチャのようなチャーミングな演奏もあるとはいえ、これはやはり推薦すべき全曲の自作自演であろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:49コメント(0)現代音楽  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

よろしくお願いします(__)
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ