2008年01月18日

アナリーゼとは


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

  <

作品分析。

譜読みがスコアの情報を読みとる段階とすれば、アナリーゼはその情報を集約し、分析する作業となる。

「綿密なアナリーゼに基づく云々」という言葉は、こうした分析作業がきっちり行なわれ、それが演奏に反映されている状況を示す。

とにかく解剖のようなもの。

ブーレーズの演奏が「レントゲン写真」のようと言われるのも、このアナリーゼが徹底しているから。

彼が振ったストラヴィンスキーの「春の祭典」を聴けば実感である。

これは、クリーヴランド管との2種類の演奏(69年と91年の録音)が残されているが、91年盤で聴いてみたい。

またアナリーゼが大ざっぱな演奏は、聴いているこちらにも、その作品の意味や構造がさっぱり見えないという難点を持つが、逆に徹底したアナリーゼは、それまであまり表に出てこなかった作品の本質を暴き出す。

しかしこれは悲喜こもごも。

同じくブーレーズが振ったベートーヴェンの「交響曲第5番」やベルリオーズの「幻想交響曲」などはその好例。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 04:04コメント(0)トラックバック(0)クラシック音楽用語解説 | ブーレーズ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ