2008年01月18日

劇伴とは


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

げきばん、と読む。

劇伴とは、TVドラマや映画や演劇に付けられる音楽のことを指す。

いわば業界用語。

芝居の世界を引き立て雰囲気を演出する、縁の下の力持ち的役割を担っている。

コマ切れの時間枠の中に、演出家や監督の欲しい音世界を実現して埋め込んでいくという、職人的な技術が要求されるため、比較的限られた専門の人たちによって作られている。

それでも、気合いの入った作品などでは、しばしば現代作曲家が起用され、その独自の音世界が映像に食い込んで、観衆に斬新な印象を残す。

映画「ピアノ・レッスン」や「英国式庭園殺人事件」のマイケル・ナイマン、NHK・TV「夢千代日記」や映画「東京裁判」の武満徹などは、音楽の個性が逆に映像作品の質を決定してしまっているほどだ。

ナイマン「グリーナウェイ映画音楽集」、武満徹「写楽」は、映画抜きに、これらの作曲家の単独の作品として充分聴いて楽しめる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 06:58コメント(0)クラシック音楽用語解説 | 映画 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ