2008年01月23日

オーケストラ(オケ)とは


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

オーケストラ(オケ)とは、交響楽団、管弦楽団と訳され、木管・金管・弦・打楽器の各群を揃えた数十名から百名を超える集団。

その芽生えは17世紀頃に見られ、19世紀にはベートーヴェンの交響曲に見られるような標準的編成が生まれた。

その後楽器の発達や、ベルリオーズやワーグナーらによる編成と音域の拡大により、20世紀初頭にその規模は極限に達した。

マーラー「交響曲第8番 千人の交響曲」や、シェーンベルク「グレの歌」などが好例。

しかし二度の大戦による経済的な逼迫、そしてより簡潔な作品を求める動きなどがあり、ストラヴィンスキーの「兵士の物語」が代表するように、大勢は縮小・分化に向かっている。

だが、何といってもオケは華麗な色彩、豪快な迫力という《わかりやすさ》ゆえ、依然としてクラシックの花形的存在。

最近ではよりフレキシブルな室内オケや、サイトウ・キネン・オーケストラのような臨時オケの活動も盛んで、生き残りを賭けたオケの新しいあり方を示している。

大編成のマーラーはブーレーズ指揮ベルリン国立歌劇場管、小編成のストラヴィンスキーはタッシの演奏で聴ける。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 08:56コメント(0)トラックバック(0)クラシック音楽用語解説  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ