2008年01月24日

コンサート・マスターとは


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



略してコンマス。

オーケストラの第1ヴァイオリンの首席奏者を指し、指揮者の音楽的発言を的確迅速にオーケストラ全体に伝え、逆にオーケストラの総意を指揮者に伝える重責がある。

いわば指揮者とオーケストラを仲介する司令官にしてオーケストラの《顔》。

加えて楽曲中のソロ(R=コルサコフ「シェエラザード」、ブラームス「交響曲第1番」、ドヴォルザーク「交響曲第8番」、R・シュトラウス「英雄の生涯」など)、アンサンブル・リーダーとしての指導監督、ステージ・マナーの掌握、トラブルの解決などなど、その仕事内容は極めて煩雑多彩にして負担が大きい。

その多くは男性だが、最近では女性の姿も見られ、この場合はコンサート・ミストレスと称する。

また複数のコンマスを在籍させるのが普通である。

なおコンサートでは指揮者が主導権を握っているように見えても、実際にはコンマスが仕切っている場合がないとはいえず、指揮者にとっては頼もしくも恐い存在である。

「シェエラザード」をシュヴァルベの妖艶なソロをカラヤン指揮ベルリン・フィルの演奏で聴いてみたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 10:36コメント(0)トラックバック(0)クラシック音楽用語解説  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ