2008年01月24日

演奏効果をねらうとは


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



演奏効果をねらうとは、ウケ狙いが見え見えの演奏の仕方や、曲の書き方を評して使われる言葉。

しばしば「空疎な」とか「深みがない」とかいった形容を組み合わせて否定的な意味に使われる。

しかしそもそも《ウケ》は芸能の最も重要な原動力。

聴衆の関心をつなぎ止め、秘技名技しのぎ削って耳を楽しませようとするのは、いわば音楽家の自然な欲求である。

だから、音楽家のセンスがズレてさえいなければ、《ウケ》からは最もヴィヴィッドなその時代の音が聴こえてくるはずである。

それに対して、何もそこまでやらなくても、とか、それだけかよ、といったいささかの《理性》を示したこの言葉には、本来刹那的でありながら、「それ以上のもの」に価値と感動を求めるというクラシック特有の欲求が、極めて端的に現れている。

チェルカスキーというピアニストは、例えば作品がベルクだろうがストラヴィンスキーだろうがメシアンだろうが、委細お構いなしに大見得切ってピアノを響かせようとする、いわば「演奏効果いのち」とでもいうべきアナーキーな演奏家であった。

チェルカスキーがHMVに録音した総集編など《理性》を超えて面白い。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 16:12コメント(0)トラックバック(0)クラシック音楽用語解説  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ