2008年01月24日

省略符丁〜人名の巻


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

長い名前はしばしば省略されて愛称のように呼ばれる。

それは、書いたり話したりするときにいちいち大変だという現実的事情に由来するものだろうが、ある種の熱狂的ファンを持つカリスマ的演奏家の場合、しばしば何かの秘密結社の合い言葉、あるいは信仰のあかしのような色合いを帯びて使われる。

以下はその代表的なもの。不思議なことに指揮者以外ではほとんどない。

[フルヴェン]フルトヴェングラー

[クナ]クナッパーツブッシュ

[チェリ]チェリビダッケ(いずれもドイツの指揮者)

[フルワルメンクナ]指揮者を語る文章に最近見かけた極めつけ。フルトヴェングラー、ワルター、メンゲルベルク、クナッパーツブッシュをつなげて省略したもの。4人とも知よりは情の濃厚さで勝負する《偏愛》の象徴的存在である。

これほど偏愛の匂いはないが、長い名前を何らかの思い入れを込めて縮めて呼ぶ例もいくつかある。

[ロストロ]ロストロポーヴィチ(vc)

[ヤマカズ]山田一雄(指揮者)

[コバケン]小林研一郎

[ショスタコ]ショスタコーヴィチ(作曲家)

[プロコ]プロコフィエフ(作曲家)

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:26コメント(0)トラックバック(0)クラシック音楽用語解説  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ