2008年01月25日

無伴奏とは


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

弦楽器や管楽器は、いわば旋律を奏でるためにできている楽器である。

だから、西洋伝統音楽最大の成果である、複雑な複数の旋律の動きの絡みも、豊かで微妙なハーモニーのアヤ錦も、本来一つの楽器では十全に実現することはできない。

ところが、バッハがヴァイオリンやチェロ一本だけで、音の《隙間》を情感で埋め、かすかに漂う感情の機微を音の動きで縫い合わせた、西洋音楽世界の精髄と言うほかない世界を創り上げてしまった。

というわけで、その「無伴奏ソナタとパルティータ」および「無伴奏チェロ組曲」が、古今比類のない孤高の名作として認知されるに及んで、「無伴奏」はクラシック音楽の《精神性》あるいは《奥深さ》の象徴となった。

近代に至って、バルトーク及びコダーイがこの世界に正面から体当たりし、ドビュッシーがからめ手から別の世界を作り上げようとした。

しかし、依然として「無伴奏」のまわりには何やら近寄りがたいオーラが取り巻いている。

有名な「シャコンヌ」を含むバッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」は、クレーメルの演奏が極めてシャープ。

コダーイの「無伴奏チェロ・ソナタ」はシュタルケルの演奏が極めつきともいうべき説得力を持っている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:27コメント(0)トラックバック(0)クラシック音楽用語解説  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ