2008年01月26日

オスティナートとは


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

オスティナートとは、例えば「ゴジラ」のテーマ音楽のように、同じリズムやメロディの形を持ったフレーズまたは音のパターンが延々と繰り返される作曲手法のこと。

あまり上品に洗練された作品に使われることはない。

もとより単調さは覚悟の上である。

土俗的とか野性的などと形容される音色とともに用いることにより、その強烈な響きによる繰り返しで頭をシビレさせ、下半身をグイグイと刺激して体を興奮状態に駆り立てて、どうかすると呪術的にすら高まって感覚をトランス状態に追い込むという他の手法にはないエグイ効果が得られる。

これほどさようにこの手法、近代の代表的な手法ではあっても、いわばキワモノ刺激物。

《食える》作曲家は限られる。

代表的な作品としてはオルフの「カルミナ・ブラーナ」、バルトークの「アレグロ・バルバロ」、ストラヴィンスキーの「詩篇交響曲」など。

日本では前記「ゴジラ」の伊福部昭や芥川也寸志が典型的な作品を残している。

オルフにはプレヴィン指揮ウィーン・フィルの不似合いなくらいに美しい演奏が、伊福部は広上淳一指揮日本フィルによる、初期の民俗的情動を湛えた作品集がある。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 16:50コメント(0)トラックバック(0)クラシック音楽用語解説  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ