2008年01月27日

練習曲とは


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



バイエルやらチェルニーやら、練習曲といえば、楽器をうまく扱えるようになるためのトレーニング用に作られた曲のことで、おおむね一つの音の動きのパターンが執拗に繰り返される、いわば《無味乾燥》の代名詞。

おおよそ聴いて面白いものではない、筈であるが、腕に覚えのある作曲家たちには、いささか違ったふうに映った。

つまり、たった一つの演奏技術を使って作る、という《制約》があるということは、限られた条件の中からいかに豊かな響きや可能性を引き出せるかという、作曲の「腕試し」の場でもあるということ。

目を光らせつつ、密室で技の粋を凝らしたか、その作曲家の音のセンスを透析して結晶させたような、実に玄人受けのする作品が残されている。

ショパンの二つの曲集とドビュッシーの「12の練習曲」はその突出例。

ドビュッシーの仕掛けた響きのからくりを確かめつつ、その瞬間瞬間に、その場でひらめいた、といった風情で反応し、音を動かすアースの演奏が面白い。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 15:57コメント(0)トラックバック(0)クラシック音楽用語解説  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ