2008年01月31日

伝説の名演:オーヴェルニュの歌とは


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



パリの南にある風光明媚なオーヴェルニュ高原。

そこに生まれたカントルーブは、故郷の民謡を採譜し、27曲からなる民謡集を発表した。

それが「オーヴェルニュの歌」である。

そのうち幾つかにはパステル調の淡く繊細なオケ伴奏がつき、素朴なメロディに美しくも幻想的な背景を作っている。

その歌はどこまでも無垢で清らかだ。

これを書いて名を残したのがカントルーブならば、これを歌って名を残したのはダヴラツである。

このユダヤ系ロシア人のソプラノ、写真もなければ詳しい経歴もあまり知られておらず、今どこでどうしているのかも分からない。

だがこの曲を歌うためだけに生まれてきたような、清楚でチャーミングな歌いぶり、そして澄み切った歌声は、その名を静かにしかしくっきりと刻みつける。

「オーヴェルニュの歌」とダヴラツ、それは一世一代の名品と名唱の、幸福な出会いなのである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:11コメント(2)トラックバック(0)クラシック音楽用語解説  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by n   2013年05月21日 09:34
アップショウの CD を昨年買ったのですが S 音が耳障りでひたれません。若いころに買ったダヴラツの LP ではまったく気になりませんでした。やはり名演だったのですね。
2. Posted by 和田   2013年05月21日 11:35
nさん、コメントありがとうございます。
ダヴラツのオーヴェルニュの歌は、ほとんど唯一無二の名唱と言えるもので、あとは抜粋のロス・アンヘレスぐらいのものでしょう。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ