2008年02月01日

ソット・ヴォーチェとは


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

語義は「声をやわらげ、ひそやかに」。

きわめてデリケートに演奏することを要求した表情記号で、器楽作品にも使われ、演奏者の弱奏の腕前の差がハッキリと音に現れる。

時代がロマンティックになったり、頽廃的になったり、表層的にお洒落になったりするにつれて、この記号で思い描かれる音のイメージは微妙に変化する。

現代はさしずめ「誰にも傷がつかないよう、そっと優しく自分のことを語るように」といったところだろうか。

この「ソット・ヴォーチェ」をタイトルにした日本人アーティストによるディスクがある。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:00コメント(0)トラックバック(0)クラシック音楽用語解説  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ