2008年02月02日

ガムラン音楽とは


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

  

インドネシアの伝統音楽の打楽器を中心とした合奏の形態をガムランという。

その音楽は、各パートが入れ子のように組み合わさって微細にビートを刻んでメロディを紡いでいく、一度聴いたら忘れられない響きを持っている。

地域によってさまざまな種類のものがあるが、中でも有名なのがバリ島とジャワ島のガムランである。

特にバリ島のガムランは、観光旅行やたびたびの来日ですでにお馴染みだろう。

神々に奉仕する、舞踏を中心とした鮮烈な響きを持つ音楽である。

これに対し、ジャワ島中部のガムランは王宮の儀式に使われる、極めてデリケートに洗練された音楽である。

ゆったりとゆたって移ろいゆくその音楽は、まさに天上の響き。

聴いていると、ふっと気が遠くなるほどだ。

古今、この音楽に強烈にインスパイアされて、作曲家たちがしばしば作品を残している。

武満徹の「フォー・アウェイ」はその最も美しい例の一つである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 08:19コメント(0)トラックバック(0)クラシック音楽用語解説  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ