2008年02月02日

定期演奏会とは


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



一口にオーケストラのコンサートといっても、ファミリー・ポップス・プロムナード・名曲・特別など、さまざまな名称がある。

これらは演奏する曲目や対象とする聴衆などを、総合的に考慮して使い分けているのだが、その多くは《一見さん》のためのお楽しみ的なものか、《お座敷》がかかって演奏する場合。

それに対して、オケの最大の看板であり一人前の証となるのが定期演奏会で、これは定期的に自分たちの自主的な勉強の成果を発表するというもの。

またサブスクリプションという英語が示すように、原則として《お得意さん》である予約会員のためのものである。

だからオケにとって、定期演奏会は真剣勝負の場であり、その出来の良し悪しはオケへの評価に直結する。

しかし同時に指揮者やソリストにとっても、そうした定期に出演するのは「選ばれた存在」である事を天下に示す絶好の機会となる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 13:16コメント(0)トラックバック(0)クラシック音楽用語解説  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ