2008年02月02日

リハーサルとは


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

  

どんな優れた演奏家やオケだって、いきなり本番を迎えるわけではない。

当然そこに至るまでには、何回かの練習が重ねられる。

それは楽譜を読む作業から始まり、そこに書かれたありとあらゆる情報、そしてさまざまなアイデアを検討・選択・決定していく。

そして肉体的訓練と共に次第に音楽の形を整える。

リハーサルとは、そうした一連の組立作業の総称である。

ごく一般的なオケの演奏会なら、2〜3回のリハーサルと、ゲネラル・プローベ(略したゲネプロ)と呼ばれる総練習を経て本番となる。

ちなみにオケのリハーサル・シーンを収めたCDやDVDなどは、おおむねゲネプロ程度に仕上がった段階のものが多いが、それによれば暴力的・高圧的・教育的・紳士的・実務的・カリスマ的など、指揮者がオケに接する態度はさまざま。

実はリハーサルとは、単なる練習にとどまらず、本番以上に指揮者の音楽や人間性を写し出す鏡でもある。

DVDを見てお確かめあれ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 13:33コメント(0)トラックバック(0)クラシック音楽用語解説  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ