2008年02月02日

弾き振りとは


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

協奏曲において、独奏者が指揮者も兼ねて演奏することを弾き振りという。

作曲家が演奏家でもった時代には、自作の協奏曲をこうした形で演奏するのは珍しくなかった。

この古典的なパターンは、次第に作曲と演奏の専門化・分業化が進んで影を潜めたが、近年はまた復権が著しい。

ただしそれは過去の図式とは違い、バレンボイムやアシュケナージといったピアニストたちが、指揮もするようになったため。

独奏か指揮のどちらかをするだけでも大変なのに、両方を一度にやってしまおうというのだから、確かにこれは画期的。

でも《合わせ》の難所は独奏者もパニックの真っ最中で、オケのことなんか眼中にない。

いきおい独奏者は自分が暇な時、つまりトゥッティなどのどうでもいい所しか振らないが、最後にはちゃっかり華々しい喝采を浴びる。

でもその陰で冷や汗を流しながらオケをまとめているのは、実はコンサート・マスターなのである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 14:54コメント(0)トラックバック(0)クラシック音楽用語解説  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ