2008年02月03日

一回性とは


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

生の音は鳴ったとたんに消え去ってしまい、絵や文字のようにランダムに辿ったり、時間が経ってから手を加えたり反芻したりすることができない。

だから常に崖っぷち。

演奏者はいつも違う時間に晒される。

その二度と同じものがないスリルにカッと燃え、いわば一回入魂、何が起こるかやってみなきゃわからない、とばかり、一回一回の演奏にいつも《事件》をはらませるタイプの演奏家がいる。

一回性とは、そんな一種神懸かり的な音楽のあり方を表わす言葉の一つである。

ピアニストのリヒテルは、この一回性を志向する代表的な怪物である。

一方その対極に、そうした神秘主義を嫌い、より完全な形でのパフォーマンスを志向して、敢えてライヴを拒絶し、録音という媒体でのみ演奏活動を行なったグールドというピアニストがいる。

その目指すところは何やら背中合わせの親近性がある。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 12:34コメント(0)トラックバック(0)クラシック音楽用語解説  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ