2008年02月03日

芸術・芸術性とは


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

  

音楽には人の心を豊かにする効能がある。

人の心の傷や痛みを癒す力もある。

あるいはまた人を忘我の状態に落し込んで《神》に近づける魔力も備えている。

その一方で、心情に寄り添って、涙を誘ったり欝憤を晴らしたり、明るく興奮させたり、といった具合に、日常的営みに(刹那的に?)奉仕する僕にもなる。

その総体が音楽というもののはずであるが、とかくクラシックのある種の人たちは、前者と後者の間に「これより芸術向こうは享楽」と衝立したがる。

しかしその衝立は、音楽は単なる楽しみ以上のものであり、私を満足させてくれるものはそういうものでなければ、などと力まない限り見えてこない。

しばしばお目にかかるこの手の《芸術》とは音楽そのものの価値を測る尺度ではなく、ある音楽との接し方の作法を成り立たせる尺度なのである。

だから高いの低いのなどと語られ始めるととたんに嘘臭くなる。

ナチスの前で、あえて《芸術》を棄ててエンターテインメントに走ったワイルやシュールホフの作品を聴いていると、その衝立が何ともザラザラとした苦味を伴って見えてくる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:00コメント(0)トラックバック(0)クラシック音楽用語解説  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ