2008年02月03日

意味深いとは


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



音楽は音によるものだから、《意味》があるとしても、それは響き・リズム・音色の面白さというように、すべて物理特性に関するもの。

しかし雑誌などで見かける《意味》という言葉は、どうやら別のものを指しているようだ。

おまけに《意味深い》なんてやられると、何となく有難くも分かったような気分になってしまうので始末が悪い。

しかし考えてみれば、《意味》の意味が分からない。

恐らくこれは純粋に音楽によるものではなく、「神・宇宙・真実・箴言・魂」などという、あまり音楽と関係のないものに偉大な想像力を飛ばして得た、解析不能な妄想のこと。

だから妄想が豊作なら《意味深い》となる。

ただし本来それは音楽には存在しないため、さも存在するかのごとく説明せねばならない。

そこでこれらオカルト系戯言を正当化し、聴き手の判断を凍結させるという仕組みである。

不思議なことにこの言葉は、もっぱらドイツ音楽の大家の演奏に使われるが、晩年のヴァントや朝比奈隆、そしてかのU先生によるブルックナーが《意味深い》らしい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:35コメント(0)トラックバック(0)クラシック音楽用語解説  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ