2008年02月04日

「静謐な」とは


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



静謐な」とは、「とても静かでえらい落ち着くなーこの曲」という《静か》じゃ物足りない書き手の気分の高まりを表わした言葉。

この手の気取り言葉は、作品が《高尚》になればなるほど多く発せられる。

同じような作品の言葉に「清冽な」「真摯な」「彫琢された」などがある。

いずれも書き手の《平常》レベルを超えて音が響いた、ということの表明であり、音楽というよりは書き手の思い入れ状態を表わした、極めて心情的な言葉である。

これらの言葉は、特定の音のイメージに対して使われる傾向にある。

この「静謐」だの「清冽」だのは、さしずめ最近の《売れ筋》。

しばしばお目にかかる。

その先駆をつけた代表格としてペルトの音楽を挙げておこう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 04:53コメント(0)トラックバック(0)クラシック音楽用語解説  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ