2008年02月04日

コーダとは


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

コーダとは、これでおしまい、という印象を与えるために曲の終わりに付け加える部分のこと。

可憐な作品では最後の一くさりといった雅趣があるが、ソナタだの交響曲だの長編もののフィナーレともなると、最後にビシッとキメてやるぞ!と思わず力こぶが入るもののようで、しばしば長大かつ壮麗にぶち上げて果てるかたちになる。

時には、しつこいくらい延々綿々と花道をしつらえて、どうしたって感動しなきゃ帰さないからな、どうだまいったか!と力強く迫ってくることだったある。

その代表格はなんたってベートーヴェンである。「エロイカ」にしろ「運命」にしろ「合唱」にしろ、まぁ1回くらいは背筋奮わすのも悪くないが、度重なると、ま、わかったから、ほどほどにしといてよ、と後ずさりたくなるほど感動一直線の大団円が繰り広げられる。

「ベートーヴェン命」のブラームス先生も、輪をかけてネチッコク迫ってくる。

それを、ケッ、と面白がって終結部だらけのピアノ曲を書いたフランスの作曲家がいた。

喝采。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 05:20コメント(0)トラックバック(0)クラシック音楽用語解説  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ