2008年02月04日

プラッソンのフォーレ/管弦楽曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



プラッソンの指揮は、フォーレの音楽特有のフランス的な香りと知的な抒情性をあますところなく表出している。

このアルバムを聴くと、フォーレのオーケストラ曲の世界がいかに奥行が深く、幅が広いものであるかを再認識させられる。

第1集での「ペレアスとメリザンド」はナグルのフルート独奏による「シシリエンヌ」が詩情あふれる美しい演奏。

またシュターデの独唱する「メリザンドの歌」が絶品だ。

「マスクとベルガマクス」では、ゲッダの歌う「月の光」が素晴らしいし、また「パヴァーヌ」の美しさも筆舌に尽くしがたいものだ。

第2集では、歌劇「ペネロプ」からの「前奏曲」が収録されているのも、このアルバムの価値を大いに高めている。

フォーレの神髄ともいえる作品で、プラッソンが作為のない自然体の音楽をつくり上げているのが好ましい。

またコラールがソロを受け持ったバラードと幻想曲が素晴らしい演奏だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 07:05コメント(0)トラックバック(0)フォーレ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ