2008年02月04日

グールドのバッハ(2)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



評価の高いグールドのバッハ演奏。

イギリス組曲は録音に6年を要しており、自己の表現に完璧を目指すグールドの姿勢がこの演奏に濃厚に反映されている。

実に考え抜かれた解釈が随所に聴かれるが、特にテンポの遅い舞曲やプレリュードはグールドの面目躍如たるものがある。

演奏全体に現代人の知性による魅力があふれ、独特の世界が展開されている。

個性的でありながら、バッハ音楽の普遍性を実感させる、刺激的なバッハ演奏だ。

フランス組曲とフランス風序曲は、この種の曲集としては比較的短期間に完成している。

バッハを楽しい音楽に仕立て直してしまうグールドの才能を、ありのまま受け入れる聴き手には、数多くの示唆に富んだ愛すべきCD。

グールドのバッハで目立つのは、楽想に応じてテンポを極端に対比させるやり方である。

その結果、かつてなかったほど軽妙で快いバッハの世界が現出する。

このような自由奔放な発想は、伝統が根を張っているところでは、決して生まれないだろう。

彼の代表盤の1つだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 12:44コメント(0)トラックバック(0)バッハ | グールド 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ