2008年02月04日

グールドのバッハ(3)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

  

グールド/リトル・バッハ・ブックはグールドのバッハ入門盤。

さすがにグールドが自信を持って世に問うアルバムだけあって、ここに集められた21曲の小曲は、いずれもグールドのバッハの面白さを充分に聴かせる。

思えばこの天才ピアニストは、どれほど私たちがバッハにアプローチする幅を広く開けてくれたことだろう。

どの曲も実に見通しのよいバッハである。

今日のバッハ演奏はグールド抜きには考えられないが、その原点がここにある。

「平均律」はグールドの代表盤のひとつ。

グールドの弾くバッハは非常に表現の幅が広く、1曲1曲が個性的に仕上げられている。

解釈は伝統的形式や枠にこだわらず、聴き手の意表をつく着想の面白さがあり、常にバッハを見る自由な眼を感じさせるが、バッハの本質を実に克明・的確にとらえているところに、ユニークな面をもちながら、大きな感銘をもたらすグールドならではの凄味を感じさせる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 13:05コメント(0)トラックバック(0)バッハ | グールド 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ