2008年02月05日

グールド初期と最晩年のハイドン他


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

前者はゴルトベルク変奏曲、ベートーヴェンの後期3大ソナタでセンセーショナルにデビューしたグールドが、ハイドンとモーツァルトにおいてもみずみずしい感性を強く印象づけた初期の録音。

ソナタは2曲とも再録音しているが、彼の唯一の録音となった「幻想曲とフーガ」も含め、グールドの精妙なタッチが生み出す音と表現は少しも鮮度を失っていない。

天才グールドならではの高貴な美しさに魅了されてしまう。

後者はグールド最晩年の録音で、初のデジタル録音アルバムだった。

グールドは、独自の解釈による演奏を行うことで有名な人だが、ここでも、ノン・レガートで、ハープシコードのようにピアノを弾き、硬質なタッチで演奏している。

実にスピード感にあふれた、爽快でたくましい表現で、ブレンデルとは実に対照的だ。

演奏は演奏家が創る作品である、このことを最も強く聴き手に実感させるのがグールドであろう。

彼はハイドンの作品の書かれた時代の音楽様式をふまえたうえで、現代の音楽として蘇らせる。

6曲中「ソナタ第62番変ホ長調」が最も興味深い。

ペダル使用を控え、ノン・レガートで颯爽と弾き切ると、聴き慣れた温和なハイドン像が、たくましい意志をさらけだし、精悍に変わる。

その意表を衝く発想が、なんとも快い。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:48コメント(0)トラックバック(0)ハイドン | グールド 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ