2008年02月06日

カザルス・トリオの遺産


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



今なお輝きを失わない真に気宇の大きな演奏で、これらの作品の最高の解釈のひとつといっても過言ではないだろう。

SPからの復刻であるにもかかわらず、古めかしさをまったく感じさせない。

改めて聴くごとに、新発見したような新鮮さを味わうことができるのだ。

「大公」はスケールを保ちながら、ロマン的に歌わせることにもポイントをおいている。

シューベルトでは、表情やリズムが決して型にはまらず自在さをもっており、3人がアンサンブルを楽しんでいるのがよくわかる。

第1,2楽章がその良い例だ。

メンデルスゾーンでは、ややセンチメンタルで微温的な趣は遠く背後に退き、彫りが深く品格の高い世界が浮かび上がってくる。

シューマンも即興的でたぎるような情熱を込めた演奏が展開されており、十分に聴きごたえがある。

是非一聴を薦めたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:10コメント(0)トラックバック(1)カザルス | コルトー 

トラックバックURL

トラックバック一覧

25日、ミュージックジョイミヤモトの宮本ルミ子さんにご招待いただき、日本大学カザルスホールで、「オランダより、エンタメ・クラシック 塚谷水無子(みなこ)オルガン・コンサート 風のささやき」を楽しんだ。 オルガンによりバッハの「トッカータとフーガ ニ短調」、塚谷...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ