2008年02月06日

F=ディースカウの「白鳥の歌」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

EMI盤はF=ディースカウの最絶頂期の録音で、いかにも若々しくみずみずしい歌いぶりが聴かれる。

特の「白鳥の歌」は、声のパワーとしては最高の状態にあるといってよく、1語1語その意味するところをつきとめようとする意欲がひしひしと伝わってくる。

円熟という点ではまだ距離があるにせよ、F=ディースカウは若い頃から完成度の高い歌を歌ってきた声楽家であり、その時々の録音を比べるのも楽しみというものだろう。

グラモフォン盤の「白鳥の歌」はF=ディースカウにとっては3度目の録音。

この後ブレンデルのピアノで4度目の録音を行っているが、声の状態はこの3度目のほうがはるかにいい。

特に後半のハイネの詩による6曲に示す理解の深さは驚嘆すべきものがある。

しかも、以前のものに見うけた過度の文学的傾斜は是正されている。

「別離」での言葉の誤り(62年のエンジェル盤のみ)ももとに戻っている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:56コメント(0)トラックバック(0)シューベルト | F=ディースカウ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ