2008年02月08日

グリュミオー&ハスキルのモーツァルト/VNソナタ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



いかなるところでも、例えば熱っぽいところでも躍動的なところでも、あくまでも洗練を失わない名演である。

音質もまことに澄んでいる。

しかも、ただ表面的に美しいというだけでなく、作品に即したエスプリも展開する。

しかも、中間楽章では耽美的ともいえるくらいにたっぷりと表情をつけている。

こうした演奏はおそらくハスキル主導型のためだろうが、グリュミオーもよく合わせている。

2人の音楽的呼吸が見事に合い、そこから生まれた音楽は、きわめてなめらかである。

ハスキルのピアノは、端正で、土台がしっかりしていて、柔らかい響きであり、グリュミオーのヴァイオリンは、豊麗で実によく歌わせている。

そこからは、古典的な格式もロマンも漂っている。

そこには哀愁もあれば、軽快さもあり、愛らしささえ感じる。

暖かいモーツァルトで、聴く人の心をなごませる名演奏だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 09:51コメント(0)トラックバック(0)グリュミオー | ハスキル 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ