2008年02月11日

リヒターのバッハ:音楽の捧げもの


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

1963年の録音にもかかわらず、いまだにこれを超えるディスクは出ていない。

この曲の平凡な演奏は"寄せ集め"的印象を強めるが、この演奏は晩年のバッハが到達したポリフォニーの世界を一種の緊張感をもって再現している。

ピリオド楽器による演奏が興隆する以前に、決定的な評価を得ていたバッハは、かっちりとした響きと切れのいいリズムが大きな特徴である。

チェンバロ独奏、3人の弦楽器奏者、フルートとヴァイオリンと通奏低音など、小編成で演奏した《音楽の捧げもの》においても、各奏者がリヒターの意図を汲み、独特な緊張感が保たれており、指揮者として、カール・リヒターの名がひときわ大きくクレジットされていることが納得できる仕上がりになっている。

かつては、アプローチの峻厳さが取り沙汰されることが多かったものの、豊かに語りかけてくるニコレのフルートや盤石の通奏低音が印象的であり、今なお色褪せることがない名演が収録されている。

古楽器が復活され、その演奏がかなり広まってきたことには、それなりの意義はある。

しかし、それは、近代楽器によるバッハなどの演奏を否定できるものではないし、それによっては決して超えることができない世界があるということを、このリヒターらによる《音楽の捧げもの》が立証してくれる。

ニコレのフルート、リヒターのチェンバロをはじめとする通奏低音、マイネッケのヴィオラなどによって、そこに築かれた音楽の深さや大きさは忘れられていた"人間"の存在を、音楽家たちに思い起こさせてくれるに違いない。

特に「トリオ・ソナタ」は忘れ難い風格がある。

我々が求めるべきものは、数百年前ではなく、1960年代前半にさえあったのである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:49コメント(0)トラックバック(0)バッハ | リヒター 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ