2008年02月14日

バーンスタイン&コンセルトヘボウのシューベルト:「未完成」「ザ・グレイト」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



「未完成」は驚くべき秀演である。

バーンスタインはこの聴き古された作品から今つくられたかのような新鮮さを感じさせる。

豊かな歌謡性が瑞々しく、トゥッティは素晴らしく交響的である。

造形も極めて端正で、澄みきった美感と温かさが両立している。

「ザ・グレイト」は超絶的な名演だ。

表現がもう少しでオーヴァーになりそうなぎりぎりの所で留まって説得力の強い音楽を聴かせる。

第1楽章の冒頭から一句一節が生きて呼吸し、ニュアンスも豊かの一語に尽きる。

テンポの設定、各楽章のコントラストも万全で、非常に速いアレグロ・ヴィヴァーチェで息もつかせぬ動感を表出するフィナーレに至るまで、起伏の的確さと起承転結の構成力には、もはや賞賛の言葉を思いつかないほどだ。

バーンスタインの数多い録音でもトップ・クラスに置くべきものに違いあるまい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:34コメント(0)トラックバック(0)シューベルト | バーンスタイン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ