2008年02月15日

世紀末のロマン主義者〜ジュゼッペ・シノーポリ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



「5番」以降のマーラーは「交響曲」が旧来もっていた管弦楽曲の規範としての性格が変容して、構造的にも内面的にも高度に複雑で特異な音楽になっている。そしてシノーポリの解釈は音楽を、よくある「自然風」な流れに任せてしまうことなく、戦慄する意識でそれを凍結する。

音楽の構造を浮き彫りにするようなスタイルを排し、それを客観的に見ることができない運命的なもの、言わば一つの宇宙のように扱い、その中であくまで細部細部に固執するのである。

総譜は隠喩の記号群のように解体して読まれ、微妙なコントラストの陰翳を帯びてゆっくりと進んでいく。各々の細部は局所的に極めて美しい。しかし自ら流れ出すことは決してなく、蒼ざめた平衡状態を保っている。言ってみればそれらのモザイクとして、場合によっては不自然にギクシャクとしながら「病める近代的自我の意識」としての音楽が生み出されていくわけである。

こうした音楽全体の造形と、部分部分の音響の豊かさから、シノーポリが作曲家、特に電子音楽を手掛けたことのある作曲家であるのを思い出さずにはいられない。あくまで一つ一つの音響を大切にしながら、ある設計チャートに基づいてそれらをダイナミックに結合、対比させてゆく手腕は目を見張るものがある。

マーラーの「5番」で言うなら、第4楽章「アダージェット」を他の指揮者、ワルターやショルティ、バーンスタインやインバルの演奏と比べてみればいい。一つの意識に耽溺するのではなく、憧れと絶望、情熱と戦慄といった多くの対照的な性格が意識の重層の中で交互している。まるでさらりと流れ去ることを拒否しているように。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 12:06コメント(0)トラックバック(0)シノーポリ | マーラー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ