2008年02月15日

フルトヴェングラーのR.シュトラウス


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



フルトヴェングラーはR.シュトラウスと親交のあった人だけに、その演奏は、内面からわきあがるような充実したものとなっている。

フルトヴェングラーのR.シュトラウスには、巨匠ならではの風格がある。

ここでも、音楽の掘り下げ方が深く、起伏の大きい、骨太の表現で、ロマンティックに描き上げていて、秀逸だ。

特にドイツ敗戦2年後の1947年の「メタモルフォーゼン」が秀演。

ひとつひとつの音に精魂傾けながら、作曲家の意図した《祖国ドイツへの挽歌》という曲想を余すところなく表出し、悲痛な表情の深々とした表現には強く心打たれる。

「ティル」はフルトヴェングラー一流のロマンティックな解釈だが、その卓抜した演出力は極めて魅力的。

このいたずら者の姿を、実にユーモラスに生き生きと描いており、聴き手をひきつけてはなさない、独特の魅力をもった演奏となっている。

また「ドン・ファン」も劇的かつ官能美の横溢した名演で、やるせないほどの官能のうねり、雄大なスケールが何ともいえない。

オーボエが奏する主題をこれほど哀切に表現した演奏は滅多にない。

また「死と変容」は、この曲の生と死の闘いを宇宙的なスケールで描いたもので、実にドラマティックで壮大な表現だ。

フルトヴェングラーらしい個性的な表現だが、この曲のもつ文学的内容を徹底的に彫琢した演奏で、聴いたあとに深い感銘が残る。

録音にも少しも不満がない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:22コメント(0)トラックバック(0)R・シュトラウス | フルトヴェングラー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ