2008年02月16日

質の高いショパン入門


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



アシュケナージのショパン全曲演奏から、親しみやすい曲目を選んだ1枚。

ショパン・コンクールの出身者(第2位)であるアシュケナージにとって、ショパンはキャリアの最初から大切なレパートリーであり、おそらくその音楽には格別の愛情を持っているのであろう。

このCDからは、彼の作品を愛でる手触りのようなものすら伝わってくる。

どのジャンルのどの作品においても、アシュケナージはこれら小品の味を限りなく大きなものとして味わわせてくれる。

しかし、その際に《ショパンの音楽》をオーバーラップすることはない。

このあたりがアシュケナージの演奏一般への信頼に通ずる。

もちろん決して感傷的な演奏ではなく、引き締まった表現と見事なテクニックそのものが味わえることはいうまでもない。

質の高いショパン入門、あるいはアシュケナージのショパン入門となっている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 15:59コメント(0)トラックバック(0)ショパン | アシュケナージ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ