2008年02月18日

アルトゥーロ・ベネデッティ=ミケランジェリ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ピアニスト、ミケランジェリの演奏について、言葉でなんらかの表現をしようとするのは極めて難しい。

デリケートといえば、これ以上ないほどデリケートなのだが、ただそれだけではない。

優雅といえば、確かに優雅なのだが、それで片づくというのでもない。

完璧主義的美学の持ち主といえば近いのかもしれないが、彼はそれ以上の存在である。

とにかく、どんな言葉をもってきても、彼を上手くとらえることなどできない。

彼はピアノによって考え、ピアノによって美学を実践するというピアニストらしいピアニストである。

彼はまさしく彼のピアノが描き出すようにしか存在しないような、稀有のタイプのピアニストなのだった。

ここであげたCDはミケランジェリの来日公演ライヴ録音だが、演奏も音質も素晴らしい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 10:25コメント(0)トラックバック(0)ミケランジェリ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ