2008年02月21日

ロイヤル(アムステルダム)・コンセルトヘボウ管弦楽団とは


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

   

ロイヤル(アムステルダム)・コンセルトヘボウ管弦楽団とは、1888年に設立されたオランダのオーケストラ。

初代常任のケスの後、メンゲルベルクが50年間常任をつとめ、その間に、世界5大オーケストラの一つと言われるまでになった。

その後ベイヌム、ハイティンクとヨッフムの2人、ヨッフム亡きあとはハイティンク1人、と常任が受け継がれ、その後シャイーを経て、現在はヤンソンスがその地位にある。

このオーケストラは独特の音色、つまりいくらかくすんだ、しかし艶やかな、いぶし銀のようなサウンドを持っていることが大きな特色で、その魅力は今も変わらないが、最近では、よりフレッシュな表現力が持ち味となっている。

ともかく玄人好みのするオーケストラである。

また、アムステルダムのコンセルトヘボウ大ホールは、ウィーン楽友協会大ホールとボストン・シンフォニーホールと並び、世界3大コンサートホールに数えられ、世界最高と賞賛される優れた音響で知られている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:03コメント(2)トラックバック(0)クラシック音楽用語解説  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by gkrsnama   2012年04月05日 23:34
追加:オーケストラランキングで堂々の世界第一位。2位がウィーン。

こういうのに意味はないんですけどね(笑)

ちなみにカラヤンがいたころは日本の評価ではベルリン・ウィーンの順でしたが、英国ではレニングラード、クリーブランド、ウィーン、ロンドンの順でした。私的には後の方に共感しますがね……
2. Posted by 和田   2012年04月05日 23:55
記事に「玄人好みのするオーケストラ」と書いたように、gkrsnamaさんもそうなんでしょう。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ