2008年02月21日

ドビュッシーの贅沢


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



音楽はしばしば不在を存在におきかえることができる。

だからノスタルジーはしばしば音楽のものである。

そして、ワーグナーの音楽は、神学や哲学がそうであったように、生の虚無を壮大さの幻想によって置き換えた。

ドビュッシーは「ベートーヴェンが展開部に執着するのは、もう何も話すことがないからだ」と言ったが、「何も話すことがない」ことは話題の貧しさではなく生の貧しさであることは言うまでもない。

彼にとって、当時の音楽の「存在」そのものであった神や超人を探しに出かけて「不在」の音楽は、生の貧しさの言い訳以外の何ものでもなかったのだ。

ドビュッシーの音楽は遠くから聴こえる。

しかし、それは不在ではない。

書斎や教会の外に、「牧神の午後」のまどろみのなかに、鳴り渡っている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 07:49コメント(0)トラックバック(1)ドビュッシー  

トラックバックURL

トラックバック一覧

11日アーティストサロン“Dolce”に、WINDS CAFEの川村龍俊さんにご案内いただいて訪れ、曽我部清典さんのトランペットリサイタル ヨーロッパ ソロコンサートツアー凱旋記念+ピアノ伴奏・阿部加奈子さん「音楽は国境を越えるか!?」を鑑賞した。 ドビュッシーの「夢」、ジョ...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ