2008年02月22日

ウィルヘルム・バックハウス/最後の演奏会


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1969年6月26日と28日の両日、バックハウスは南オーストリアのケルンテン音楽祭に招かれ、リサイタルを開いた。

ニ日目の演奏途中、急に具合が悪くなり、最後の曲目であるベートーヴェンのピアノ・ソナタ第18番のフィナーレを弾けなくなってしまった。

しばらく楽屋で休んだ彼は、ベートーヴェンの代わりにシューマンの「夕べに」と「なぜに」、シューベルトの即興曲変イ長調D.935-2を弾き終え、そのまま病院に運ばれたが、7日後の7月5日、心不全のため、ケルンテンのフィアラで85歳の生涯を閉じたのである。

この、バックハウスの最後の演奏会は幸い録音されている。

ここに聴く巨匠の音楽は、何と強靭で確固としたものであることだろう。

「ワルトシュタイン」の清涼な美しさ、シューベルトの3曲の率直な味わい深い表現など、まさしく晩年のバックハウスのものである。

ベートーヴェンのソナタ第18番は精彩がなく、演奏は中断されるが、シューマンの小曲2曲の枯れた、だがみずみずしい抒情の美しさなど、辞世の歌というにふさわしい絶品であり、その深い瞑想と寂寥感において他に比肩しうるピアニストはいない。

単なる記録という意味を越えた、音楽とは何かを考えさせられる演奏である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 15:55コメント(0)トラックバック(0)バックハウス  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ