2008年02月22日

ケンプのベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ケンプのベートーヴェン演奏は、今日でもまだ感銘を呼ぶものだ。

ケンプは決して行為やテクニックによって、聴き手を説得しようとはしない。

この演奏を聴いて痛切に感じるのは、ケンプがいかにベートーヴェンの音楽の世界を大切にして、本質に迫ろうとしているかということだ。

ひとつひとつの音色を大切にしながら、陰影をはっきりとつけたロマン的感覚の、実にコクのある演奏である。

ケンプの演奏はきわめて率直に聴き手の心に迫る。

というのもケンプがこれらの作品を、いかなる作為もなく自然体で演奏しているからだ。

その裏付けとなっているのは、彼が一生捧げて取り組んだベートーヴェン解釈であり、その結果としてのヒューマンなベートーヴェンである。

バックハウスのようなスケールの大きさこそないが、独特の味わいがあって耳を傾けさせる。

円満で全人的な表現は、まさにベートーヴェンの音楽の故郷へつながる音楽といえよう。

ケンプが当然のこととして全人生をかけたベートーヴェンを、ここに聴くことができる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 16:19コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | ケンプ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ