2008年02月28日

魅惑の花園〜モーツァルトの協奏交響曲K.297b


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



モーツァルトは1778年のパリ旅行の時、同地の4人の名管楽器奏者の依頼で、「フルート、オーボエ、ファゴット、ホルンのための協奏交響曲」を作曲したが、いかなるわけか演奏前に自筆譜が紛失し、結局陽の目をみないで終わってしまった。

ところが20世紀初めになって、消失した同曲の編曲が発見された。

その楽譜ではソロ楽器のフルートがクラリネットに変わっており、モーツァルトがのちに記憶を頼りに書き直したものであろう、と考えられ、彼の名作の一つとして演奏されてきた。

しかし、当時から偽作説は根強く残り、現在ではその意見の方が有力であるが、一方、モーツァルト以外の作者とは考えられないほど、この曲は魅惑的なのだ。

このCDは1974年にアメリカの学者がコンピュータによって同曲を分析し、復元したスコアを使って演奏したもの。

コンピュータによると、この作品のソロ・パートはモーツァルトの真作、オーケストラのパートは誰かの編曲、という結論が出た。

そこで、さらにコンピュータによって、モーツァルト自身が書いたであろうフルートのソロとオーケストラを復元したのである。当然、他の3つのソロの部分変更されている。

今までの版に比べると、オーケストラ部分の冗長さが取れ、きわめてセンスのよい結晶化したものになった。試みに一般的なCDと比べてみてほしい。興味深い発見があるだろう。

協奏交響曲はこの曲の録音史上特筆すべき最美の傑作である。ニコレ、ホリガー、バウマン、トゥーネマンというソリストが揃ったということもある。しかし上記のようにここでは新しい版によって、この曲を聴く喜びが大きくなった。

そして4人の奏者の絶妙なかけ合いは、聴いていて魅惑の花園に遊ぶようだ。

カップリングのオーボエ協奏曲もモーツァルト演奏に必要なものをすべて身につけた名演奏だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 14:09コメント(0)トラックバック(1)モーツァルト  

トラックバックURL

トラックバック一覧

26日、自由学園明日館・銀杏の間で、「大井浩明フォルテピアノ・リサイタル《モーツァルト後期ソナタ集成》」を楽しんだ。 左の写真は演奏に使用された、Paul McNutly による Walterモデル A=430で梅岡楽器所蔵。 委嘱新作初演、安野太郎さん作曲の、アンニュイも感じる「...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ