2008年03月02日

ランパル&ラスキーヌのモーツァルト:フルートとハープのための協奏曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



モーツァルトは1778年のパリ旅行で、芸術の都の雰囲気に触発され、多くの傑作を書き残した。「フルートとハープのための協奏曲」もその一つである。

モーツァルトの作品の中でも、これ以上、雅びな音楽は例があるまい。

フルートは日本の尺八に似ている。ハープは琴に似ている。両者の掛けあいには、どこか東洋的な、わび、さびの世界が感じ取れる。

この曲は貴族のサロン音楽として書かれたのだが、モーツァルトは少しも手を抜かずに、エレガントな名作に仕立て上げたのである。

第1楽章は、フルートとハープの音色美を燦然と発揮させ、華美なメロティーに埋まっているが、第2楽章以下は前述のわび、さびをたたえ、わけてもフィナーレの見事さは、何度聴いても魅惑的だ。

特に中間部は愉悦と哀しみが不思議に混ざりあい、その複雑な味はモーツァルトを聴く醍醐味といえよう。

ランパルとラスキーヌの演奏はともにこれらの楽器の第一人者の顔合わせだけあって、その目のつんだ合奏と表情の豊かさは比類のないもので、聴くたびに、新たな魅力が発見できるような名演奏である。

第1楽章のオーケストラの序奏からして、聴き手をぐっとひきつける、柔和な表情とあたたかな音色をもっており、独奏とパイヤール指揮のオーケストラとのからみあいもすばらしく、エレガントな雰囲気をもっている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 14:20コメント(0)モーツァルト | ランパル 

トラックバック一覧

1. チェンバー・フィルハーモニック東京/バンコク・キッチン  [ La Dolce Vita 1/2 ]   2008年03月02日 19:25
1日、三鷹市芸術文化センター 風のホールで、チェンバー・フィルハーモニック東京の第3回演奏会を楽しんだ。 ロッシーニの「ブルスキーノ氏 序曲」、ラヴェルの「クープランの墓」、アイヴスの「答えの無い質問」、そしてソプラノ:中村初恵さんとバス・バリトン:ジェフリ...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ