2008年03月04日

カーゾンのモーツァルト:ピアノ協奏曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1982年に75歳で世を去ったイギリスのピアニスト、カーゾンは、レコーディングの数が少なく、その実力のわりには日本ではあまり知られてなかった。

この演奏はそうしたこの人の真価を、十二分に伝えた名演奏である。特にブリテンとの第27番は折り紙つきだ。

この曲は「短調の協奏曲にみられるように、情熱的でなく、ひたすら諦観へと傾いていった」というアーベルトの言葉を思わせるように、典麗優雅なこの作品の内面にひそむ哀感を、すこぶる繊細な弱音効果を生かしながら、てんめんと表出した演奏である。

作曲家として名高いブリテンの精妙な指揮も、心に熱く訴えかけてくる。

その他では第24番が美しい。

清水のように透明な音色を基本に弱音を重視し、しっとりとした女性美を展開するが、何気ない虚無感の中から、モーツァルトの音楽が哀しいばかりの魅力を伴って流れてくる。

ピアニストの存在を忘れさせる演奏で、それにはケルテスの指揮も大きな力になっている。

他の曲も同じスタイルによるものだ。

カーゾンにはクーベリックと共演したライヴがauditeから出ていたが、そちらも名演である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 03:19コメント(0)トラックバック(1)モーツァルト | ブリテン 

トラックバックURL

トラックバック一覧

26日、自由学園明日館・銀杏の間で、「大井浩明フォルテピアノ・リサイタル《モーツァルト後期ソナタ集成》」を楽しんだ。 左の写真は演奏に使用された、Paul McNutly による Walterモデル A=430で梅岡楽器所蔵。 委嘱新作初演、安野太郎さん作曲の、アンニュイも感じる「...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ