2008年03月06日

トスカニーニ&NBC響のロッシーニ/序曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



トスカニーニが生涯敬愛し続けた自国の大先輩ロッシーニの序曲集は、8曲ともそれぞれの曲の持ち味を存分に表出した見事な演奏で、練達の棒できびきびと運びながら、どの曲も明快にまとめている。

輝かしい歌と美しく強靭な生命力にあふれた、聴いていて手に汗握り、身の引き締まるような名演である。

みずみずしく生き生きとした表現には強く惹かれるし、イン・テンポで進めながらも歌わせるべき旋律は表情豊かに歌わせているあたりは、さすがトスカニーニならではの至芸である。

そうしたトスカニーニの厳しい指揮に見事な集中力で反応したNBC響の卓抜な能力も素晴らしい。

トスカニーニは、上記のようにロッシーニを得意としているのだが、それにしてもこの演奏はよい。

実に明快な演奏である。

トスカニーニは独特のリズムの硬さがあるのだが、それが特に「ウィリアム・テル」序曲ではマッチしている。

驚くほど表情が鮮やかであり、華やかな、透明な空気のアルプスの風景そのものを感じさせる。

この曲のCDでは、まずこれにとどめをさす。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 12:38コメント(0)トラックバック(1)ロッシーニ | トスカニーニ 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1日、三鷹市芸術文化センター 風のホールで、ご招待券をいただいたチェンバー・フィルハーモニック東京の第3回演奏会を楽しんだ。 ロッシーニの「ブルスキーノ氏 序曲」、ラヴェルの「クープランの墓」、アイヴスの「答えの無い質問」、そしてゲストのお二人、ソプラノ:中...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ