2008年03月16日

フルトヴェングラーの「フィデリオ」ライヴ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1950年ザルツブルグ音楽祭ライヴ。

当然1953年のスタジオ録音では入ってない台詞が、全部収録されている。

これは実に格調の高い演奏だ。

フルトヴェングラーは、じっくり腰をすえて、堂々たる運びで進めながら、この作品のもつ正義、勇気、崇高、夫婦愛といったものをあますところなく表出しており、その重厚でスケールの大きな表現には圧倒されてしまう。

貧弱な響きの中から、フルトヴェングラーの強固熾烈な表現意志と理念の力が物理的な悪条件を突き抜けて噴出し、ベートーヴェンの崇高にして英雄的な理念主義のドラマを鮮やかに描き出す。

冒頭から最後の終止まで、音楽は凄まじいばかりの緊張と気迫をもって、悲劇的な緊迫と精神的な高揚の頂点にまでのぼりつめていく。

独唱陣もそれぞれ見事な出来映えで、歌い方が正しく、劇的な味がよく出ていて、本当の音楽劇を聴いたという感じがする。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 14:42コメント(0)トラックバック(0)フルトヴェングラー | ベートーヴェン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ