2008年03月17日

クレンペラーの「魔笛」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



クレンペラー80歳直前の1964年の録音。

クレンペラーのモーツァルト/オペラ第1作で、続いて「ドン・ジョヴァンニ」、「フィガロ」、「コシ」が録音されている。

なお資料によればポップは当盤がデビュー盤であった。

またヤノヴィッツもデビュー当時の最初期の録音となる。

3人の侍女にシュヴァルツコップ、ルートヴィヒ、ヘフゲンという豪華メンバーでも話題を集めた。

数多いクレンペラーのモーツァルト中でも、これは際立って優れた演奏である。

台詞をすべて省略した演奏だが、それはクレンペラーが絶対音楽としての純潔さを志向していることを物語っている。

モーツァルトが晩年に達した精神の深みが、ここで、見事に突っ込んで表現されている。

重点は陽気で自堕落なパパゲーノの世界からタミーノの克己、ザラストロの博愛の方に相当傾いているが、このくらい深々と演奏されると、それが、また良いのである。

一般に、クレンペラーの録音では、木管が、はっきりと聴きとれる。

モーツァルトが木管の扱いに天才的な手腕をみせた「魔笛」のような作品ではそれがことに効果的で、夜の女王の第1アリアにおけるバセットホルンの響きなど、ポップの初々しい名唱と相俟って、心に迫る。

ポップはこの録音に歯の麻酔をかけたまま臨んだのだそうだが、このアリアにおける母の悲しみの情感豊かな表現は、今もって、凌駕されていない。

クレンペラーは序曲からして、雄大な風格とスケールをもって威風堂々と表現する。

豊かな響き、重厚なディナーミク、信念に満ちた画然たる表情。

クレンペラーの意図は、ドラマの成りゆきやジングシュピールの枠をはるかに超えて、ひたすらにモーツァルトの音楽そのものだけをいかに立派に響かせるかにある。

この剛直できびしい表現が「魔笛」のすべてではないが、そこに豊かで生き生きとした血と肉を与えたのは、充実したキャストによる見事な歌で、ひとつの完成した世界を生み出している。

クレンペラーの遺したモーツァルト・オペラ全曲盤の中では最も優れた、傾聴に値する名演である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:39コメント(0)トラックバック(1)モーツァルト | クレンペラー 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1日、三鷹市芸術文化センター 風のホールで、ご招待券をいただいたチェンバー・フィルハーモニック東京の第3回演奏会を楽しんだ。 ロッシーニの「ブルスキーノ氏 序曲」、ラヴェルの「クープランの墓」、アイヴスの「答えの無い質問」、そしてゲストのお二人、ソプラノ:中...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ