2012年01月27日

シュヴァルツコップ&ギーゼキングのモーツァルト:歌曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



20世紀最高の名ソプラノのひとりであるシュヴァルツコップが、これまた20世紀を代表するモーツァルト弾き、ギーゼキングを伴奏者として録音したもので、名演奏家同士の共演だけに、そこから生み出される音楽は、神々しいばかりの魅力がある。 

シュヴァルツコップの最絶頂期(1955年)の録音。モノーラル時代のとても古い録音だ。

音が古めかしいだけでなく、声に関しては演奏テクニックも解釈もところどころ頼りなげだ。

しかし、それを超えて訴えてくるものがここにはある。

初心の感動というべきものが、自ら歌をうたうよろこびに満ち、それを人に伝えずにはいられず、聴き手とともによろこびを分かち合おうとする姿勢に貫かれた演奏だ。

1曲1曲に心のときめきがこもり、これほど歌を聴くよろこびを感じさせてくれるディスクも珍しい。

この録音当時からすると、モーツァルトの再現様式もずいぶん変わってきた。

この歌唱も今となってはいくぶん思い入れの強いモーツァルトといえるが、ここにはシュヴァルツコップとギーゼキングという2人の芸術家が、力と心を合わせて作り上げた「真実のモーツァルト」がある。

これはまさに千載一遇の出会いと言ってよいほど、歌曲録音史上指折りの名演に数えられる。

歌唱様式が時代によってその形を変えるのは当然だが、その「歌のこころ」は不変である。

ここでのシュヴァルツコップの歌の彫りの深さは、モーツァルトへの思いの深さそのもので、CDがある限りこの歌の命は消えないだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:49コメント(0)トラックバック(0)シュヴァルツコップ | ギーゼキング 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ