2008年03月20日

ルービンシュタインのショパンΑ淵櫂蹈諭璽此


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ポーランドの代表的な舞曲ポロネーズだけあって、ルービンシュタインの高揚した情熱、格調高い雄渾な演奏ぶりに接することができる。

ただし、ひたすら力で押しまくる演奏ではなくなっているから、物足りないと感じる人がいるかもしれない。

しかし「英雄」などでみせるルービンシュタインの気力は、さすがといってよく、かつてのこのピアニストの勇姿をほうふつとさせる。

「ショパンの〈ポロネーズ〉を聴くと、運命が持ちうるあらゆる不正なものに、勇敢に、そして大胆に立ち向かう人間の、確固とした足音を聴く思いがする」とリストは言っている。

ルービンシュタインの魅力は演奏ばかりではなかった。

ショパンが「祖国のために芸術で戦え」と友人にいわれ、それを一生涯貫いてきたように、ルービンシュタインは、戦争や内乱によって行き場を失ったさまざまな国の難民を、数多く救済してきた。

ルービンシュタイン基金がそれである。

この演奏は、そうした彼の、力強い足どりがあらわれたような名演で、いかにもポーランド人らしく、各ポロネーズを生き生きと表現している。

このなかでは、さすがに「英雄」は最高だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 10:47コメント(0)トラックバック(0)ショパン | ルービンシュタイン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ