2008年03月21日

F=ディースカウのマーラー:さすらう若人の歌


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

青年F=ディースカウと巨匠フルトヴェングラーの歴史的名盤「さすらう若人の歌」は、幾度となく装いを新しくしては発売され、不朽の声価を保ち続けている。

フルトヴェングラーは、1950年のザルツブルグ音楽祭で、F=ディースカウを独唱者としてこの曲を演奏し、聴衆に多大な感銘を与えた。

そのとき彼は、F=ディースカウにこう言ったという。
「私はいままで、マーラーの音楽を好きになれなかったが、あなたのおかげでそのよさがわかった」と。

このディスクは2人のマーラーに対する深い共感によって貫かれた感動的な名演奏で、フルトヴェングラーのロマンティックな解釈に支えられた、F=ディースカウの、沈潜した歌唱のうまさは比類がない。

こまやかな情感を引き出す語り口の見事さ、美しさ、それによる旋律線に弱体化のないことが、唯一無二の名演たらしめている。

モノーラルなので音の劣るのが残念だが、この密度の高い演奏は、マーラー歌曲史上の偉大な金字塔のひとつといえよう。

「亡き児をしのぶ歌」も細心の配慮をもって歌い上げた名唱。

ただこちらのほうは、いまひとつ暗い情念の沈潜が欲しい。

「さすらう若人の歌」には、この若きF=ディースカウと晩年のフルトヴェングラーによる伝説的な名演があり、さすがのF=ディースカウも28歳の時のこの奇蹟的な演奏以上の録音をその後行っていない。

クーベリックとのものも、もちろんそれ自体は大変な名唱だが、かつてのデモーニッシュさはない。

とはいえ、他のどの歌手をも遥かに凌駕している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:03コメント(0)トラックバック(0)マーラー | F=ディースカウ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ